4K8K放送も受信したい!これからアンテナの設置工事を行う場合の注意点

  • 2017年12月30日
  • /
  • By:

4K8K放送の受信には専用アンテナが必要

これから新規にテレビアンテナを設置する場合、注意すべきことにはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、アンテナを購入するにあたって考慮しておいた方がいいのが、4K、8K放送の受信についてです。現在のハイビジョン放送は2K放送とも呼ばれ、今後、さらに画質がアップする4K、8K放送に切り替わっていくのが確実になっています。
問題は今の放送を受信するためのアンテナでは、4K、8K放送は受信できない可能性があるという点です。これは使用される電波の周波数が違うためですが、絶対に4K、8K放送を見たいのであれば、それに対応したアンテナを工事で取りつけなければなりません。4K、8K放送対応アンテナは、基本的に2Kにも対応するので、これから設置するのであれば2K専用アンテナよりもこちらの方がいいでしょう。

キャンペーンを使って工事費を安く抑える

BSとCSの兼用アンテナを設置する場合の工事費についてですが、実は特定の放送サービスのキャンペーンを利用すれば、安く済ませられる可能性があります。もちろん、その放送サービスに加入する、そして一定期間継続するのが条件ですが、もし加入するつもりだったのであれば、キャンペーンを使った方が確実にお得です。
自分でアンテナの設置工事を行う場合は、必要なものを買い揃えておくようにしましょう。新品のアンテナを買うといくつかの付属品が入っていますが、それだけでは取りつけることはできても受信できません。というのは、アンテナとテレビをつなぐケーブルが付属品として同梱されていることはまずないからです。また、テレビが複数台あるなら分配器も必要になります。

アンテナ工事を頼む前に、複数の業者に見積もりを出してもらうことが大切です。見積もりを出してもらい、納得のいく業者を選びましょう。