膣のゆるみの悩み解消法!膣の締まりを手に入れる筋トレ方法

  • 2018年2月2日
  • /
  • By:

自分の膣がゆるんでいるかチェック

女性の膣は運動不足や出産などによってゆるんでしまうことがあります。仕事で一日中座ったままで過ごすことが多かったり、運動する習慣がないとゆるみやすくなります。膣のゆるみのサインとして尿漏れ、頻尿になった、お風呂を上がったときお湯がどばっと出てくる感じがする、などがあります。またおなかがポッコリ出ている人や、尿をしているとき途中で止めることができない人も、もしかしたら膣がゆるんでいるかもしれません。一つや二つ思い当たることがある人もいますよね。もっと確実に調べてみたい人は婦人科に相談してみるのも良いでしょう。膣圧計で測ってもらうのも一つの方法です。そして膣がゆるんでいたとしても、不安にならなくても大丈夫です。改善方法を伝授するのでぜひ試してみてださい。

膣のゆるみを改善するトレーニング

膣のゆるみは骨盤底筋群の衰え、低下から起こります。骨盤底筋群は骨盤の底にあるハンモックのような筋肉群です。運動不足などが原因で伸縮する力が衰えるとゆるみます。膣の筋トレをして鍛えなおしましょう。鍛えかたは立っていても座っていてもどちらでもできます。背筋を伸ばし足を肩幅に開き前を向きます。肩をさげて若干胸を張り、おしりの穴と膣をしめます。5秒程しめたまま力を入れて、ゆっくり力を抜きおしりの穴と膣をゆるめます。これを10回程繰り返します。この膣の筋トレを毎日自分のできる範囲で、数回行うことで鍛えられるでしょう。筋肉は何歳からでも強化できます。

膣内の圧力を膣圧といいますが、男性が好む圧力は強ければ良いという訳ではありません。強弱を変幻自在に加えられることでより快感が増します。